弾き語り@pigalle

大江戸線 六本木駅 赤坂口から徒歩1分で到着する、ロートレックの赤いブリュアンの看板が目印の「ピギャール」では、毎月第4火曜日に弾き語りをしております。
8時くらいから、だいたい3回ステージをします。
もちろん全部違う歌を歌います。

弾き語りって素敵♪とか憧れる♪とかよく言われますが、実はかなり本人はシンドイというのが実情です(笑)。
あ、でも弾き語りのがやりやすいってミュージシャンの方もおられるかと思いますが、あくまでも私個人の場合です。

歌がメインなわけですから、神経は歌に集中して、ピアノは無意識で弾かないと歌の世界に没頭できません。
そこんとこが一番難しいです。
もともとピアノ歴のが長いワタクシにとって、ピアノから意識を殺すのは大変。。
自分の中では静かな戦いを繰り広げながら歌っているワケです。

でも弾き語りのがやりやすい歌っていうのも中にはあります。
全部バラードの歌です。
バラードっていうのは、テンポ・リズムがなくて自由に伸ばしたり途切れたり、間を空けたりできる形式のことです。
よっぽど気心の知れたピアニストとでないと、うまくかみ合わなかったりします。
その点、弾き語りだと相手を気にせずに自由に間が取れるので楽です。
シャンソン(フランス語で歌という意味)には、これって歌なの?メロディーあるの?語りっぱなしじゃないの?みたいな歌がけっこうあるので、弾き語りに適した歌がけっこうあります。
[PR]
by wakaco-musique | 2006-07-22 16:23 | Live space
<< 中目黒 楽屋 はじめまして >>